ゆっくり動く動画をつくってみた。

当然と言えば、当然ですが、 身体と心のコンディションは互いに影響しています。 身体が緊張して固くなっていれば、 心も緊張して余裕がなくなり 身体の力が程よく抜けてリラックスしていれば、 いろいろなことがスムーズに捗ります。 私はヒプノセラピー(催眠療法)をやっているのですが、 ヒプノセラピーでも、身体がリラックスした状態で受けていただくと 催眠に入りやすくなり、セラピーの効果も高まります。 ですが、頭も身体も、毎日フル回転で、 過剰に緊張状態が続いてしまうと、 自分では、「すごーくリラックス~」 しているつもりでも、 「全然チカラが抜けてない~」 ということが起きやすくなります。 たとえば、マッサージに行ったとき、 自分ではチカラを抜いているつもりでも、マッサージ師さんに、 「はい、チカラ抜いてくださいね~。」 って言われたことありませんか。 そんな時って、なかなか良いアイデアが浮かんでこなかったり、 「これでよしっ!」という決断ができなかったりするんですよね。 そんなときにオススメなのが、 「ゆっくり動く」こと。 ゆっくり動くことで、呼吸も自然

なぜ、セラピストになったのか?

なぜ、セラピストになったのか。 ちょっとだけ、暗い話になるかも。 子どもの頃のこと。 母には「あなたのことは、よくわからない。」と言われました。 長いこと勤めた会社での新入社員研修では、 人事担当者が「ふーちゃん(不思議ちゃんの略)」と呼びました。 自分では、ものすごく真っ当だと思うことをしても 笑われたりすることも、しばしば。 こんな風に自己紹介すると、 「セラピーが必要なのは、あなたじゃない?」という声が 自分の内側から聞こえてきそうですが、 たしかに、私をセラピストの道へ導いてきたものは、 まずは、自分を癒すためのエネルギーだったのだと思います。 中学生の時、無意味なダイエットを始めました。 今思えば、反抗期のエネルギーが内側に向かっていたのでしょう。 母の作ってくれた料理も、 カロリーの高い油が一滴でも入っていたら食べない。 カロリーがない焼きのりを、一袋、一日で食べてしまうかと思えば 夜中に起きて、食パンを一斤食べつくしてしまう。 あまりの痩せ方に、担任の先生が心配して母に 「ちゃんと食べさせてますか?」と聞いたことも。 この場を借りて

『ヒプノセラピーの感想』30代 女性

『ヒプノセラピーの感想』 30代 女性 ヒプノセラピーは聞くのは初めてでしたが、 潜在意識などの領域が、自分の人生に大きく影響を与えていることは なんとなく理解をしていたので、 自分で解決が難しい部分を一度施術していただこうと思い依頼しました。 初めのカウンセリングはとても丁寧で、自分の中にあるものを 引き出してくれる感じで、素直な答えが出てきました。 自分が問題を抱え始めた時期だと思っていた年齢とは全く 違う年齢が影響していたことには驚きましたが、 終わった後はとてもすっきりし、自分のなりたいイメージが明確になりました。 また、なりたい自分は自分の中にあり、ただ自分で問題要素を作りだしている 面もあることを実感できました。 ヒプノセラピーで有効な部分と自力で解決できる部分が明確になったことも 体験して面白かったです。 ヒプノセラピーはとてもリラックスした状態で、 そこに集中することが大切だなあと思いました。 その後も、何度か施術後、モヤモヤした部分があったので質問したところ、 丁寧なアドバイスをいただけ、今では納得して過ごすことができています。